06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

OrdinaryDay*

「映画」と「旅」の記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ヨーロッパ周遊旅行Day19-20 ベネツィア 

11月10日 DAY19 ミュンヘン→ベネツィア

はい、移動日です。ミュンヘンから、ヴェローナで乗り換えてベネツィアまで約7時間の旅。早朝6時半に起きて、こそこそと静かにホステルをあとにした。駅そばのホステルで良かった~♪

電車に乗ってしまえば、後は「世界の車窓から」。どんどん変わっていく風景に、あたしは全く飽きません。ドイツ、オーストリアはすでに冬景色。紅葉も終わって、森は寂しい様子。遠くに見えるアルプスは、先日の雪で、綺麗に雪化粧されていて雄大だった。

それがしばらくたつと、急に景色が変わった。ごつごつした岩の山を抜けると、緑や黄色の紅葉した山々が!イタリアに入った~ってのがすぐに分かった。1本の電車に乗っていて、こんなに景色が変わるなんて面白い。

3時頃ベネツィア到着。ついに着た♥(。→▽←。)♥
ベネツィアはあたしの憧れの地!わくわくして駅を出ると



目の前に運河~~~~♡♡♡
さすが水の都!!車が走ってない街!!!

なんて、のんびりはしていられない。まずは宿の確保が先決です。死活問題!今日の宿はユースをすでに確保済み。明日、明後日が土日とかぶってユースはいっぱいなので、インフォで直接探してもらうことにしてた。一泊30ユーロくらいが良かったんだけど、さすが土日、天下のベネツィア。50ユーロからしか無かった。ま、旅も中盤で疲れもたまっていたので、ベネツィアは一人部屋でのんびり滞在に決定した。

11月11日 DAY20 ベネツィア
ベネツィアのユースは最低だった。(一応)16人部屋、ただし仕切りが微妙で部屋っていう感覚じゃない。朝食も小さなパン1個とドリンク。卵やシリアルは有料…。ひどい。ただでさえ船(ボポレット)に乗らないと行けない場所にあるのに。1泊にして正解だった。

朝から荷物を持って、本日の宿へ。この旅で唯一の一人部屋の滞在。入り組んでるベネツィアでは、だいたいの位置しか分からなくて、近くのレストランの人に場所を尋ねると、すごい親切に教えてくれた。しかも「ベッラ」って呼ばれちゃった~(*‘ω‘ *)
ベッラってのはイタリア語で、美人ってこと。噂には聞いてたけど、みんなに使うと知っていても、イタリア来たぞー!って感じで嬉しい(笑)


宿はベネツィアの中心地、サン・マルコ広場のすぐ傍で、何度も広場に行った。写真はサン・マルコ寺院。イギリス・フランスの教会とはまた違った雰囲気が良い。

この日は一日、ヴェネツィア中を歩き回った。というか、迷った!狭いところだから、迷っても戻れるから大丈夫♪細い路地をぐるぐると歩きまわると、小さなお店を発見できたり、なかなか楽しいのです☆

←こーんな細い路地がいっぱい♪



大運河カナル・グランデ。


静かな町の一角。

ゴンドラ。時にはカンツォーネも聞こえてきた。カップルで乗ってるアジア人が多かったw

お昼にはピザを食べた。パンの上にチーズを乗せたような、分厚いタイプのピザ。ピザにも2種類あるみたい。あたしは薄くてパリパリのピザが好み。



リアルト橋。橋の上にお店が並んでいる土産物屋さんには、沢山のお客さんがいた。

夕方、そろそろ歩きつかれて帰ろうか、という時に、オペラの客引きしてるイタリア人に出会った。オペラ好きだし、話を聞いてみると、割と流暢な日本語で説明してくれる。「日本語うまいね!」って話から始まり、あたしは彼と3時間くらいそこで話してた。(寒かったw) トータル3ヶ月しか日本に滞在したことがないらしいんだけど、四字熟語やら、謙遜まで理解してるし、勉強熱心な人だった。大学で日本文化の研究をしてるらしい。あたしも見習って勉強しなきゃー><

Posted on 2007/01/08 Mon. 18:05 [edit]

category: ・ヨーロッパ周遊旅行

thread: ★イタリア旅行★  -  janre: 旅行

tag: ベネツィア  ベニス  サン・マルコ  広場  寺佳  リアルト橋  ユース  ホステル 
TB: 2    CM: 1

08

ヨーロッパ周遊旅行 DAY17-18 ミュンヘン・フュッセン 

11月8日 DAY17 ミュンヘン
朝9時の列車で出発、1時間半後にはミュンヘンについた。店も多くて綺麗な駅を見ると、ドイツに戻ってきた~!!って感じがする。
駅すぐ傍のホステル「Wombat's」に荷物を置いて散策へ。


大通り沿いのマック。「マクドナルド」が沢山の国の言葉で書かれているのが面白い。この写真はほんの1部なのです。中はどうなっていたんだろう、、、入ってみれば良かった><

その先は町のメインストリート。ショッピング街は沢山の人でにぎわってた。服屋さんがいっぱい!荷物を増やせない旅人にはつらい場所。でもこらえきれず、H&Mでマフラー&手袋を買ってしまいました♡
近辺の教会や新市庁舎、マーケットも見て歩いたけど、大都市ミュンヘンはやっぱり買い物の町。観光したいあたしはオペラ座へ移動。だって、ウィーンで見たきらびやかなオペラが忘れられない!!無事、今日の夜の公演を12ユーロでゲットしました。演目は「Billy Budd」



ミュンヘンオペラ座。すっごいゴージャス!席がわからず最初1Fでうろうろしてたら、実は最上階(確か6階)だった。さすが格安チケット。目の前には天井からぶらさがる、でっかーいシャンデリアもありました☆

で、始まる前に気づいた。
ミュンヘンのオペラ座は、ウィーンと違って、字幕表示は舞台の上の一つのみ!ウィーンでは各席についてたから、英語字幕で見れたけど…嫌な予感的中で、はじまってみると、字幕はドイツ語だった。ストーリーわからんしーー!(Pд`q)゚
こうなったら、きらびやかな雰囲気だけでも楽しもう!!


…が、男しかいない上に、軍隊もので暗~~~~~~~~~い(゚д゚)

きらびやかとは縁遠い。2幕とも同じ舞台装置だし、言葉も理解できないから、延々と見た同じ状態に飽き飽きでした↓↓↓失敗><

11月9日 DAY18 フュッセン
あたしがミュンヘンに立ち寄ったのは、日帰りでフュッセンに行くため。フュッセンにはノイシュバインシュタイン城っていうお城があるの。ディズニーのシンデレラ城のモデルになった城なんだって~☆

朝から電車→バスと乗り継いで城へ。あいにくの雨がぱらぱらするお天気だったけど、雪が降らなくて良かった。


上。マリエン橋からの眺め。天気が良かったら最高だった。
左。城の門。

城の中は、ヴェルサイユやシェーンブルン宮殿とはまた違った趣だった。使用人の部屋は質素。王との謁見の間は金がふんだんに使われていて豪華だった。

Posted on 2007/01/03 Wed. 17:31 [edit]

category: ・ヨーロッパ周遊旅行

tag: ミュンヘン  ノイシュバインシュタイン城  ドイツ  ザルツブルグ  オーストリア  Wombat's  ホステル  バックパッカー 
TB: 0    CM: 0

03

ヨーロッパ周遊旅行 DAY15-16 ザルツブルグ・ハルシュタット 

11月6日 DAY15 ウィーン→ザルツブルグ
パッキングして10時半の電車でオーストリア第2の都市ザルツブルグへ。約4時間後についたザルツブルグは、都市ってよりもこじんまりした田舎町だった。



ザルツブルグと言えば映画「サウンドオブミュージック」の舞台。子どもたちが歌っていた公園がここ、ミラベル宮殿なんだって。

それからゲトライデガッセという、可愛い看板の並ぶショッピング通りへ。お店は今風のものばかりなのに、みんな看板がユニーク。写真はマック!



並んでた店のひとつ、ここはクリスマスショップ。もうすぐクリスマスだけに、店の前の机の上や、窓際などなどディスプレイも凝っていて可愛らしかった!

そしてサンクとペーター教会、ブラジウス教会、大聖堂をぐるっと見て、この日の宿「ホステルYOHO」に戻った。本日は8人部屋。イギリス人、オーストリア人、日本人、みんな気さくな人たちで、しばしトラベラーズトークに花を咲かせて就寝した。

11月7日 DAY16 ハルシュタット
あたしがザルツブルグに寄ったのは、ザルツカンマグートと呼ばれる湖水地方に行くため。その中の一つ「ハルシュタット」はよく広告で使われてるから、みんな見たことあると思う。ここはずっと楽しみにしてたとこの一つで、同じ宿だったYちゃんと一緒に日帰りで出かけた。

ザルツブルグから途中乗り換え1回して、1時間半ぐらいでハルシュタット駅に到着。そこまでの景色もすごおーーーーーーくキレイだった。標高が少し高いらしく、雪がのこってて一面白かったり、遠くに見える雪をかぶった山がきれいだった。でも太陽は出ていて、寒いとは感じなかった。


ハルシュタットの駅からさらにボートに乗らないといけない。駅には何もなくて、すごく静かだった。船着場に行くと丁度船も到着。
船に乗って、だんだんと近づいてくるハルシュタットの町に大興奮した!




ね、見たことあるでしょー?
すごーく小さな小さな村で、湖にそり立つように建物が建ってた。ユネスコの世界遺産にもなってるんだって。元々は岩塩の採掘をしていた場所らしい。猫がのんびり遊んでいたり、薪が積んであったり、素敵な町。Yちゃんと町の端まで歩いたり、滝を見つけてその上に上って見たり、雪化粧したアルプスの山々を眺めてみたりして、2時間くらい滞在した。

そしてザルツブルグに帰る前に、「グムンデン」という町に寄り道した。ここの湖は世界一透明度が高いそう。確かに底の方までよーく見ることができた。小さめの城を見たり、お店を見てまわったり、2時間くらいの滞在だった。

ザルツブルグには8時頃戻った。Yちゃんとケバブを食べて、夜のザルツブルグを散策して、ホステルに戻った。

Posted on 2006/12/27 Wed. 20:17 [edit]

category: ・ヨーロッパ周遊旅行

TB: 0    CM: 0

27

ヨーロッパ周遊旅行 DAY13-14 ウィーン 

11月4日 DAY13 ウィーン
さぁ、ウィーンを見るぞー!ってはりきってたのに、外は雪!!寒い!!待っててもやみそうになかったから諦めて着こんででかけた。



シェーンブルン宮殿。マリー・アントワネットの母、マリア・テレジアさんが住んでたところ。中はヴェルサイユと同様ゴージャスでキラキラしてた。幼いモーツァルトが演奏した部屋とか、シシィって人のこととか、音声ガイド以上にもっと知りたくなっちゃった。

その後は、またホステルへ。あまりにも寒くて、シャワーをあびて温まった。寒すぎて1日中外になんていられない。少し休んでから、5時にHさんと待ち合わせしてるオペラ座へ向かった。


ライトアップされたウィーンオペラ座。

オペラ座の立見席は、上の階は2ユーロ(約300円)、1Fは3.5ユーロ(約450円)。こんな値段で本場のオペラを観れるなんてすごい!!
この日は上の階、2ユーロの席をゲットした。ここは舞台の上じゃなくて、手元にそれぞれ字幕表示もあるから嬉しい♪



8時からスタートした演目は「トスカ」。画家の男とトスカって女性の恋物語。女の人の歌声がすごくキレイだった。オペラって始めて見たけど何て素敵なんだろう~~~!!
言葉はフランス語かイタリア語か、とにかく分からなかったけど、手元の英語字幕に助けられた。文字なら理解しやすいし、英語の勉強にもなったかな。

幕間には、小学生くらいのオーストリアの女の子とお喋り。この子、日本語で話しかけてきたの。パパが日本人なんだって。時々、子役として舞台に立ってるらしくて、今日も研究だとか☆小さい頃から、オペラって、なんてうらやましいんだ!そんな環境があるのも、さすがウィーンだなぁ。

11月5日 DAY14 ウィーン

雪はやんだけど、今度は風が強くて寒いままだった。今日はウィーンをぐるっと一周。ハプスブルグ家の人たちが眠ってるカプツィーナ教会は、他の教会と違って、なんだかシーンとしたところだった。教会というよりお墓って雰囲気。死んでなお、専用の建物があるんだからすごい。

日曜で店も閉まってるし、ずっと外に出てると凍死しそうだったから今日も早めにホステル帰宅。体をあたためて休んだ後に、オペラ座へ。


今日は1Fの立見席をゲット。舞台どまん前の良いところ。しかも早く並んだから、立ち見の中でも一番前を陣取れた♪後から来た人が人のところに割り込んできたり、トラブルはあったけど、隣の韓国人の子と協力して追い出したり、ちょっと面白かった(笑)

今日の演目は「カルメン」
ジプシーのカルメンっていう名の女性の話。情熱的なダンスや、歌が素敵だった。舞台に立ってる人数も50人くらい?もっと?とにかく多くて大迫力だった(≧▽≦)
そうそう、舞台の下にいるオーケストラの演奏も大迫力!指揮してる人も動きがすごくかっこよかった。

今度は一週間くらいウィーンにいって、毎日オペラ見たいわぁ~~。

その後、Hさんと裏にあるホテル「ザッハ」へ。ザッハトルテの本家本元なんだってー♪落ち着いた雰囲気のカフェで、コーヒーとケーキを頂いた。ちょー美味しかった゜。*゜;+

Posted on 2006/12/17 Sun. 20:58 [edit]

category: ・ヨーロッパ周遊旅行

tag: ウィーン  オペラ  トスカ  カルメン 
TB: 0    CM: 2

17

ヨーロッパ周遊旅行 DAY10-12 ニュルンブルグ・プラハ 

11月1日DAY10 ニュルンブルグ→プラハ
さ・む・いーーー!今まで長袖+ジャケットで全然平気だったのに、急に寒くなった。
9時にホステルをチェックアウト。12時の電車までまだ時間があるので町をうろうろ。寒いのに店が全く開いてない。今日は日曜日だった><
こういう時、寒さをしのげるのが教会☆フラウエン教会は、大きくはないけど外観も中も素敵。良い味でてる。(写真は夜)。
一番後ろに座って、調整中のパイプオルガンの演奏を楽しんでると、だんだん人が増えてきた。ひざをついて、一度祈ってから席につく人々。もしや?と思ったら10時からは日曜日の礼拝だった。行くとこも無いし、参加してみた。

司祭様の言葉(ドイツ語)は全く理解できないけど、歌ったり、立ったり座ったり、違う世界でおもしろい♪

ニュルンブルグからチェコの首都プラハまで、電車で約5時間。狭い6人がけのコンパートメントは満席で窮屈だった。あたしの重いスーツケースは、おじいちゃんに「重いなぁ~><」って言われながら手伝ってもらって荷物棚に置いた。自分でできないって面倒。ありがとう、おじーちゃん。
ドイツとチェコの国境は…吹雪いてた(゚д゚)旅の間に雪が降るのは予想してたとはいえ、こんなに早いとは!!
まだ11月1日よー><

プラハはどうなってるだろう?
心配しつつ、駅につくと、プラハは降っていなかった。
でも雪のため30分到着が遅れた。外は真っ暗。

ホステルは予約してあるとはいえ、行きかたが分からない。チェコはガイドブックを持っていないから、電車の乗り方も分からないし、諦めてタクシーで行くことにした。チェコ中央駅はあやしい人だらけだし、外は真っ暗。タクシーが安全だと思ったから。

タクシー乗り場へ行くと、「プラハのタクシーはゾーン制で、ホステルはゾーン1だから900クローネ、30ユーロだよ」と言われる。高すぎ!日本円で5000円くらい。ホステルまで駅からそお遠くないはずだもん。
「じゃあ、やめる」って言うと
「わかった、おまけして20ユーロにしてあげよう」だって。
外も暗くてあせってたあたしは、それでOKした。

タクシー出発。5分でホステルについた(゚д゚)ちか!!!!
後で知ったんだけど、歩いていける距離だった。
安全には変えられないから、しょうがないよね(Pд`q)゚ちなみにこれ、正規のタクシーでは無かった様子。ぼったくられたぁぁぁぁヽ(`Д´)ノ

11月2日 DAY11 プラハ

「ホステルエルフ」は他のホステルと全く毛色の違う、パンク(?)なホステルだった。受付のお姉さんも背が高くて、かっこいい。それに、あたしにとって初めて自炊施設のあるホステル。
温かいホステルを一歩出ると、外はスキー場のような寒さだった。あわてて部屋に戻って着込みなおして出発した。

雪は降ってないけど、寒い。
もらった地図と、書き込まれた見所を頼りに中心部へ。20分くらいで広場についた。しかけ時計と教会(写真)が可愛らしい。

でも…寒い、とにかく寒い。耳がちぎれそうな程に・・・。道行く人はみんな帽子かぶってる。迷ったすえに、お土産屋さんで、耳まで隠れる帽子をゲット。200クローネ☆
店のおじさんに「寒いよー><」って言ったら、「こんなの、まだまだだよ」と笑って返事される。どんだけ寒くなるんだ、プラハ!!



観光客でいっぱいのカレル橋。両脇では絵描きさんがプラハの景色を描いた絵を売っていた。これがすごくキレイ!さらに真ん中奥に見える教会(城?)を目指して歩いた。ひとつ小高いここへたどり着くと・・・


ドーン!!こんなに見晴らしが良かった。しばし寒さも忘れる♪


素敵な音を奏でるストリートパフォーマーと、かくかく歩く兵隊さんを見ながら奥へ進むと、でーーっかい教会に到着。でも教会も見慣れてきたし、人もすごく多いから、さくっと通過した |д゚*)
その先にあった「人形ミュージアム」。これは人形好きとして見逃せない!!

ちょっと怖い感じのこんなお人形から、木作りのドールハウスや、おもちゃのロボットまで、1Fは普通のお人形ミュージアム。

2Fはバービーコーナー。
ひたすらバービー。
各国衣装のバービーから、モンローら有名人バービー。

写真真ん中の妊娠バービーはきもい!

帰り道、広場によった。仕掛け時計を見なくっちゃ♪
山のように沢山の人だかりの中で、そのときを待つ。
こんだけ派手な時計なら、さぞかし仕掛けも大掛かりな………って、あれ?こんだけ?超しょぼく終了。
周りから沢山の苦笑いが聞こえたw

ホステルに戻って、お湯をわかして、インスタントスープを飲んで温まった。こういう時、自炊できるところは助かる♪


11月3日 DAY12 プラハ→ウィーン
予定より1日早く南下することにした。だって寒いんだもん。
同じ部屋だった日本人のYさんとお喋りしながら朝食。今日出発の日本人が沢山いた。
そのうちの一人、日本人Hさんも今日ウィーンに行くってことで、ウィーンまで4時間、一緒に移動した。

ウィーンに着くと…吹雪いてた(;´д`)
ついに来た、雪の中の移動!ありったけの服を着こんで、ホステル「Wombat's」へ。
少し迷いつつHさんと協力して辿りついた。
ここはBARや広いキッチンがある人気のユース☆

んで、さっそくHさんと一緒に町へ。
雪も止んでいたし、暗くなってきてたけど、宿も一緒の仲間がいると安心♪

沢山のショップが並ぶ大通りをずーっと見て歩いて、カフェへ。夜ご飯よりも…コーヒー&ケーキ♡美味しかった♪

Posted on 2006/12/09 Sat. 11:54 [edit]

category: ・ヨーロッパ周遊旅行

tag: ニュルンブルグ  プラハ  ウィーン 
TB: 0    CM: 0

09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。