04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

OrdinaryDay*

「映画」と「旅」の記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ストラトフォード・アポン・エイボン&バーミンガムの旅② 

ストラトフォード・アポン・エイボンまでロンドンから電車で約2時間。
本当は日帰りするつもりだったんだけど、帰りのチケットを
1ヶ月有効のものを間違えて買ってしまったので(笑)
せっかくだし、一泊してさらに別のとこに行くことにしてました。

泊まったのはB&B。本当はドミトリーの大部屋で友達作ったりしたかったんだけど見つからず断念。
でもこのB&Bがとっても素敵なところだった♥(。→▽←。)♥
まずシャワーがちゃんと使えてお湯に浸かれたのがめっちゃ嬉しかった!
フラットはシャワーだけで、水と熱湯が交互に出るシロモノだから。
かーなーりーリラックスタイムを過ごしたよ。お風呂3回も入っちゃった(笑)

夜はロイヤル・シェイクスピア劇場へ、シェイクスピアの劇を見に行きました。
そしたらなんと!!!日本人が公演に来てて、日本語の劇だった!
嬉しいような、悲しいような…。
演目は「Titus Andronicus」劇団名は「The Ninagawa Company」
誰か知ってる?有名な劇団らしいんだけど。
劇は血みどろのちょっと痛々しい話だったんだけど、
すごい迫力あって、役者さんってすごいなぁ、って関心☆
で、外人さんたちはどうやって理解するかというと、右側に
小さい電光掲示板があって、そこで英訳されてるのを読むの。
後で同じB&Bに泊まってたフランス人一家が、あれは大変だって言ってたw

左:B&Bの朝食♪ 右:経営者のおじさん。
このおじさんが陽気ですごい良いんだ>▽<
宿泊者がご飯に来るたびに、紹介していって、
わきあいあいとしたムードを作ってお互いが話せるようにしてくれるの。
宿泊者はドイツ人の8人組み、フランス人の一家、アメリカ人の夫婦とあたしでした。
食堂は赤い絨毯に白い壁!机には花が飾ってあって、とーーってもキレイ!
ご飯も美味しくて、また泊まりに行きたいB&Bになりました♪

ご飯を食べたら駅へ。次の目的地バーミンガムへの往復チケットを買ってしゅっぱーつ☆

つづく

Posted on 2006/06/24 Sat. 21:47 [edit]

category: ・イギリス観光

TB: 0    CM: 2

24

ストラトフォード・アポン・エイボン/バーミンガムの旅① 

ストラトフォードアポンエイボンに行ってきたよ!
コッツウォルズに近い、イギリスの田舎町で、シェークスピアの住んでいた町。シェークスピアに関連する家5件全制覇してきました~♪

*写真左「シェークスピアバースプレイス」シェークスピアが生まれた家☆
庭もキレイにされていたし、昔の調度品なんかも置いてありました。
日本人団体旅行の人にくっついて説明を聞く♪
なにやら、シェークスピアは裕福な家庭に育ったらしい。
*写真右「アン・ハサウェイの家」シェイクスピアの奥さんの実家。
ここはすごーーーく綺麗!!花と緑が生い茂っていて、農園もありました。

*左:「ナッシュの家」シェイクスピアの孫娘の家。
この花の飾り方が可愛らしい(´∀`*)町全体にいっぱいあった。
*右:「ニュープレイス」シェイクスピアが買った家があった場所。
あまりの観光客の多さに、新しく住んだ人が取り壊したらしい。
あ、今はもちろん人住んでなくて、シェイクスピア協会が保存中。


*左:「Tha Guild Chapel」ナッシュの家のそばの協会のステンドグラス。
1269年創設だから、きっとシェイクスピアも通ったんだろうな。
*右:「ホールズ・クロフト」シェイクスピアの長女とその夫で医者ジョン・ホールの家。
ジョン・ホールは医学書とか書いた人らしくて、それ関係の展示もあった。
写真の反対側に庭が広がっていて、薬草なんかも植えてありました。

ここまでで5ヶ所中、4ヶ所制覇。残り1個は5キロ先ってことで、この時点ではあきらめてました。そんなわけで少しのんびりすべく川辺へ。川のそばには芝生もあってのんびりできるのです♪

*左:ナローボートがたくさん停泊してた。観光用じゃなくてちゃんと乗ってる人がいたり、会議してる人がいたり(!)するのがすごい。右は川と橋。鳥もたくさんいたよ~。

つづく

Posted on 2006/06/23 Fri. 19:00 [edit]

category: ・イギリス観光

TB: 0    CM: 2

23

ケンジントンガーデン 


誰ですか、外国の夏はさわやかとか言った人。
じめじめしてて暑いYO(゚д゚);

引っ越して1週間。バスで10分くらいのとこにある、ケンジントンガーデンがお気に入り♪
ハイドパークと合わせて東京ドーム数十個分はあるだろう、めちゃ広い公園です。

芝生だけじゃなくて、こーんな可愛い小道を行くと、その内側に花壇があります。
入れないのが残念><見るだけでした~。


こっちは池。子どもがハトや白鳥に餌をあげてた。
後からきた犬も、暑いからか池にダイブ!一生懸命泳いでるとこが可愛いんだけど…
あがれなくなってた(;´д`)オボレテル?
飼い主さんが、ズボンの裾ぬらして救出してました。笑


ピーターパンに出あったよ(´▽`*)ネバーランドにつれてって~~~~!
公園内には銅像もいっぱいあった。
ていうかロンドン中に銅像がいっぱい!なんでかは謎!

Posted on 2006/06/11 Sun. 20:03 [edit]

category: ・イギリス観光

TB: 0    CM: 5

11

イーストボーン&ライ 


世界の車窓からあんじぃ編(違)
羊の放牧。電車の窓からとりました☆

先週末、海辺の町イーストボーンとライに一人旅(≧▽≦)

イーストボーンはロンドンから電車で1時間半。
目的は「セブンシスターズ」っていう断崖絶壁☆

電車を降りてすぐのバス亭は6ヶ所!どれよ(゚д゚)
と迷ってたら地元の人に教えてもらう♪
すでに停車していたバスに乗って20分後。
何もな~い草原のようなとこで、
運転手さんが「セブンシスターズ!」って教えてくれる。
え?何もないけど、てか海も近くないしっ∑(゚Д゚;≡;゚Д゚)??
同時に降りたのは、あたしと韓国人2人組の女の子。
「え?ここでいいの?!」って相談しつつレッツゴー!


んで、結局そこであってました(´▽`*)
バス亭からさらに歩くこと30分。崖下に到着♪

っていうか風つぇぇぇ><
さらに人少ししかいなあぁぁぁい!マジで観光地?!!
でもでもまったりのんびり満喫してきました♪
崖だけじゃなくて、そこまでの散歩もかなり楽しかった。
ずーっと広がる芝生に間をぐにゃぐにゃ流れる川。
のんびりしてる羊ちゃん(ノ´∀`*)
犬つれて散歩に来てる人も多かったです。
しかもみんな離してるし。広いからいいよね~。

そこからイーストボーンの駅に戻り、今度はライへ。
電車で40分かかって、ライ駅に到着。
ライはこじんまりした可愛らしい町でした。
900年続く町らしく、坂が多かったり、可愛らしい建物が多い。
きっと町の人みんな顔見知りだよ☆
ライの目的は、「聖メアリー教会」と「イプラタワー(写真)」
教会は普通だったww

イプラタワーは元々フランス軍の侵攻に備えて立てられて、
その後、監獄として使用されてたという建物。
でも今はライの博物館☆
でもそれ以上にごつごつしてる建物の内部が面白かったです。
あんなとこ閉じ込められたら怖いだろうなぁ。

ライは小さい町なので滞在は1時間で十分でした。
1時間に1本の電車で再びイーストボーンに戻ります。
もう一つ目的だった雑貨屋さんと、海を見てロンドンに帰ってきました。

やっぱイギリスの魅力はカントリーサイドだと思った1日でした(ノ´∀`*)

Posted on 2006/05/31 Wed. 05:21 [edit]

category: ・イギリス観光

TB: 0    CM: 2

31

テムズ川沿い散歩 

今日はひっっっさしぶりに良い天気。:.゜ヽ(*´∀`)ノ+。:.゜
青空が見えるよおおおおお。

ってわけで、授業前にお散歩に出かけました。(授業は午後からなのです)
お天気も良いので、テムズ川沿いに見たかったところをプラプラ。

☆タワーブリッジ(写真1)
時間によっては跳ね上がるらしい橋。
ゴシック建築の、とっても可愛らしいというか、何とも凝った橋です(≧▽≦)

☆ロンドン塔(写真2)
世界遺産というロンドン塔。
これ中見た方がいい?高いから外だけしか見なかったけど
東大寺行って、外だけみて帰るようなもんなのかしら(笑)

☆セントポール大聖堂(写真3)
でかーい!!中入りたかったけど時間なかった><

この写真の順番に回りました。
注目して欲しいのは天気!!画像の色は加工してません!
2時間くらいの散歩で、
晴れ(写真1)→天気雨→雨→曇り(写真2)→晴れ(写真3)
なんかロンドンの気候を上手く表してるなーと後で写真見て思いますた(´▽`*)アハハ

Posted on 2006/05/24 Wed. 06:37 [edit]

category: ・イギリス観光

TB: 0    CM: 4

24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。