09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

OrdinaryDay*

「映画」と「旅」の記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

下弦の月~ラストクォーター~ 

下弦の月 メイキング
ある程度の省略はしかたないと思います。複雑なストーリー展開を映画にするには大変だと思う。が!脚本があまりに悪い!!原作の持ち味がうまくストーリーに反映されてないように感じました。
みづきは自分の生活が嫌で、アダムと空き家で1週間を過ごす。でも後の「アダムとの楽しかった1週間が…!」って台詞に説得力がない。だって楽しいシーンなんて無かったよ?むしろ苦しんでた。原作を読んでいるからみづきにとってのアダムの存在価値が分かるけど、原作を読んでいない人にとっては全くちんぷんかんぷんなんじゃないだろうか。

さて、HYDEの演技はというと微妙かなぁと。日本語カタコトなのか棒読みなのか分かりませんでした。でもああいう暗い役だしね。ただ過去のアダムとさやかの場面は生き生きした感じ出てて好き。唯一この映画で明るいシーンのような気もする。
漫画では「みづき」ってもっと金髪な女子高生イメージしてたけど黒髪の栗山千明でもぴったりあってた。黒い服や、不思議な空間と彼女のかもしだすミステリアスな感じが「下弦の月」に味わいを持たせてると思う。

まぁ最後はちょっとうるうるっときつつも、中途半端なストーリーで微妙!!

監督&脚本:二階建
主演:栗山千明/成宮寛貴/黒川智花/落合扶樹
私的評価:★★

「下弦の月」の以前の記事(ComingSoon内)

▼トラックバック
30歳独身男Kazuakiの映画日記
栗山千明さん応援サイト「GO!GO!C.K」
下弦の月~ラスト・クォーター@映画生活
下弦の月 ~ラスト・クォーター プラチナBOX
下弦の月 ~ラスト・クォーター プラチナBOX
下弦の月―Last quarter (上)
下弦の月―Last quarter (上)
下弦の月―Last quarter (下)
下弦の月―Last quarter (下)
スポンサーサイト

Posted on 2004/10/05 Tue. 03:06 [edit]

category: ・2004年の映画

TB: 5    CM: 2

05

コメント

 

わざわざコメントありがとうございます。(^-^*)

ということでお返事はしたのですけれど、こちらでもちょこちょこっと書かせてもらいますね。



原作って、コミックなんですね。(^-^;)

愛蔵版を見かけてハードカバーだったからてっきり小説かと。(__;)



コミック版とハードカバー版どっちを買おうか悩んでます。ハードカバー版1冊でコミックがそろってしまうのが悩み所ですよね。(笑)



でも、部屋に置いて置くなら(飾る意味も込めて)ハードカバー版のほうがよさげ。(^-^



どうしよう…

URL | ayane #79D/WHSg | 2004/10/20 15:19 | edit

 

ハードカバー版もあるんですねぇ。それは知らなかった><

私はたまたま矢沢あいさんの作品だと思ってコミックを見たのがきっかけで、コミックを持ってます。

でも見た目考えたらいかにも少女漫画!って感じのコミックよりハードカバーの方が良いかもしれないですね^^

URL | のえる #79D/WHSg | 2004/10/21 17:13 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://rnnoel.blog4.fc2.com/tb.php/91-d6f05d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下弦の月 ラスト・クォーター

「素材はピカイチ? 終盤はずっと涙! もともとこういうネタは好きだし、合格点でしょ。いやー、それにしても結構泣いたなあ。」 引き続き本日の2本目は「下弦の月 ラスト・クォーター」です。これが今年154本目の鑑賞です。 いやいや、結構な人数入っているじゃない

30歳独身男Kazuakiの映画日記 | 1970/01/01 09:00

「下弦の月~ラストクォーター」初回上映レビュー

おすすめ度★★★★★★ 興収予測15億 行って参りました。 熊本Denkikan

栗山千明さん応援サイト「GO!GO!C.K」 | 1970/01/01 09:00

「下弦の月」で泣いてきました。

もう、思いっきり。そして、ひとりで見てしまったことを後悔しました。これから見るという方、ぜひ、愛する人と行ってください。とりあえず、思ったことを。全編通して、音楽そのものでした。「アマデウス」や「マーラー」と比べたくさえなりました。もちろん、

石岡塁とそのなかまたちを追え! | 1970/01/01 09:00

プレミアム上映会@下弦の月 ラスト・クォーター

矢沢あい原作の漫画『下弦の月 ラスト・クォーター』 の実写映画の追加プレミアム上

☆ラムチョコ☆RummyChocolat☆ | 1970/01/01 09:00

下弦の月~ラスト・クォーター

またまたレイトショーで観て来ました。ジャンル的にはミステリー?ファンタジー?ミステリー色が濃いです。純粋に映画の中の世界に取り込まれそうになってしまいます。話はだんだん真相がわかっていくタイプ。不思議がいっぱいで始まったのに終わるころには全

blue bells blog | 1970/01/01 09:00

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。