04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

OrdinaryDay*

「映画」と「旅」の記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

冷静と情熱のあいだ 


イギリスにいた間に、何人かの韓国の子と映画の話をした。
あたしが「私の頭の中の消しゴム」とか「いま、会いにいきます」とか、韓国映画見たよ~って話すと
逆に韓国の子は「冷静と情熱のあいだ」は良い!ってまず返ってきた。
そして、見たことない、というと、えーーーー?!って言われる(笑)
丁度、フィレンツェを旅した時もこの話になって、ドゥオモに上らなかったあたしに、「あそこは、2人が再開するところだから、上らなきゃだめだよ!」と力説された☆って言っても見てなかったしね、その時。

で、帰国して見てみよう!となったわけです。

舞台はイタリア・フィレンツェと日本。監督が特典映像で言ってた通り、うそくさい、上辺だけのフィレンツェじゃなくて、本物のフィレンツェだった。有名どころだけじゃなく、裏通りとか、普通のお店とか、すごく懐かしかったです。そして、やっぱり美しい!フィレンツェ自体はそんなに広いところじゃないけど、その分奥行きが感じられました。

ストーリーは、日本の大学で出会った日本人の男と韓国人の女が、フィレンツェでまた再会して~って話。苦悩とか行き違いとか、韓国人好きそうなネタてんこもり(笑)ベタなんだけど、フィレンツェと主役2人の出す雰囲気がすごく良くてひきこまれました。エンヤの透明感のある歌もすごくマッチしてたしね♪

あぁ、イタリア、もう一回行きたい!!!*>▽<*

監督:中江功
主演:竹野内豊/ケリー・チャン/ユースケ・サンタマリア/篠原涼子
好き度:★★★★

冷静と情熱のあいだ@映画生活


以下ネタバレ ↓↓↓ ひとつだけ不満なところ
主役の男の恋愛の仕方が嫌い!

篠原涼子とつきあいながら、ケリー・チャンのことをずーーーっとひきづってるのを、映画では素敵な感じで描いてるけど、ひどい!篠原涼子に対してめっっっちゃ冷たいし。だったらつきあうなよって。
はっきりしない男は嫌いだ~~~!!!怒
スポンサーサイト

Posted on 2007/05/03 Thu. 11:51 [edit]

category: ・2003年以前の映画

thread: 映画感想  -  janre: 映画

TB: 0    CM: 2

03

コメント

お久しぶりです 

この映画私も見ております。
映像的には、私いったことのないイタリア・フィレンツェに思いをはせちゃうくらい素敵だな~って思いました。でも、同じく、はっきりしない男だし、その間につきあっていた篠原涼子かわいそうですよね~。そして、ケリーチャンの相手の人にもね・・これは思わず原作まで読んでしまいましたが、あまり印象が残ってないので、そこまで強く残ってないのかもしれませんが、このはっきりしないところは覚えてます。オイオイって思ったし・・男性が書いたバージョンと女性が書いたバージョンの原作がありますよね。。

URL | nori #szTeXD76 | 2007/05/06 11:52 | edit

お久しぶりです! 

女としては、この男の態度は許せませんよね~。

そっか!篠原涼子以外にも、ケリー・チャンの相手の男も可哀そうですね。
てことは、竹之内とケリー・チャンは似た者同士だったってことでしょうね~。

URL | あんじぃ #- | 2007/05/06 20:47 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://rnnoel.blog4.fc2.com/tb.php/336-4e88fee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。