04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

OrdinaryDay*

「映画」と「旅」の記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

上海の伯爵夫人 The White Countess 

フラットメイトとDVDをレンタルしてきた。
舞台は1930年代。上海で出あったロシア人女性と盲目アメリカ人男性の恋愛物。戦争もあり退廃的な雰囲気が漂う。

あたしはメイン2人よりも、3人目の準主役として出てた真田広之が気になった。すごく色気のあるお偉いさんだ(笑)
日本人出てるって知らずに見たからびっくりした。こうやって外国映画に出る日本人増えるといいな。日本人役で中国人が出る時代は終わりだーっ!
がんばれ日本人!!

話の方は戦争とか色々あるわりに淡々と進んでいくし、長いしで眠くなった。
最後の展開もイマイチ分からず、英語が理解できてないせいかと思って
一緒に見てたフラットメイト(イギリス人)に聞いてみたら
やっぱり分からないって言ってた。

公式サイト(英語)
公式サイト(日本語)

監督:James Ivory
主演:Ralph Fiennes/Natasha Richardson/真田広之
好き度:★★
スポンサーサイト

Posted on 2006/09/10 Sun. 06:03 [edit]

category: ・2006年の映画

tag: The  White  Countess  上海の伯爵夫人 
TB: 3    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://rnnoel.blog4.fc2.com/tb.php/312-c3e3b654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上海の伯爵夫人

「日の名残り」のジェームス・アイボリー監督とプロデューサーの故イスマイル・マーチャントの名コンビによる最後の作品。同じく「日の名残り」の原作で、ブッカー賞作家カズオ・イシグロの書き下ろし脚本による滅び美学を描いた、悲劇的な愛の大河ロマンです。舞台は第二次

The House of Nomad | 2006/09/10 22:02

映画「PROMISE」

真田広之は最高だ!と今さら強調しなくても周知の事実ですが先ごろ「PROMISE」の感想文をアップしました相変わらず興奮しながら筆を走らせてるので、読み直すとちょっと恥ずかしかったりします・・・(笑)しかし、私の「真田組」サイトは何を隠そう隠しませんが真田広之の

チーム70%~いい言葉とおすすめ本 | 2006/09/10 23:12

上海の伯爵夫人

こんにちは! 東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。 「上海の伯爵夫人」 という映画が今秋、 東京・渋谷のBunkamura ル・シネマなどで公開され、 今は都内で試写会が始まっています。 (C) Wisepolicy , Toho-Towa 舞台は1936年、日中戦争直前の上海。 盲目

『ブログキャスター』 編集部日記 | 2006/09/11 14:04

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。