05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

OrdinaryDay*

「映画」と「旅」の記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ウーマン・オン・トップ 

ウーマン・オン・トップ
+ストーリー
場所はブラジル。料理が得意なイザベル(ペネロペ・クルス)は夫とレストランを切り盛りする。しかし浮気現場を目撃してしまったイザベルは、夫の元を去り、姉(兄?)のいるアメリカに渡った。夫のことをふっきって綺麗になったイザベルは、テレビで料理番組を持つことになり…。

+感想
スペイン人のペネロペが、ブラジル人を演じてる辺りに違和感があります。姉(兄?←おかまなのですょ・笑)と肌の色からして違いますし。
まぁ魔法みたいなファンタジックな要素も入ったコメディなので、そこはいっか。

物語は、「おいおいおいおい?!いいのかそれで?!」って思うとこいっぱいです・笑。特に生まれ変わったイザベルに町の男たちがゾロゾロとついていくところとか。ありえないし(゚д゚)
でも、イザベルと姉(兄?!←くどいね)のモニカとの掛け合いや、内容、ブラジルを感じさせるノリや風景が良かったです。
ありえない!と思いながらも、イザベルの恋の行方がどうなるかドキドキしました。

ところでペネロペは脱ぎすぎじゃないですか?バニラスカイといい…。
この映画でも脱いでますが、そこまで見せること無いんじゃないかなぁ。演技と顔で十分いけると思うんだけどな。

監督:フィナ・トレス
主演:ペネロペ・クルス/ムリロ・ベニチオ/ハロルド・ペリノー・Jr
私的評価:★★★
スポンサーサイト

Posted on 2005/07/23 Sat. 14:45 [edit]

category: ・2003年以前の映画

TB: 0    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://rnnoel.blog4.fc2.com/tb.php/173-3d9c59e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。