09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

OrdinaryDay*

「映画」と「旅」の記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

イブラヒムおじさんとコーランの花たち 

イブラヒムおじさんとコーランの花たち
パリの裏通りに暮らすユダヤ人少年モモ。
両親は離婚。冷たい父親と暮らす。
大人になろうと懸命なモモは、家の向かいで小さな食料品店を営む
イブラヒムおじさんと仲良くなり…。

たんたんとしたストーリーで、ちょっとつかみ所が無い。
でもモモとイブラヒムおじさんとの交流や、
モモの住んでいたストリートの温かみが感じられる。
花売りがいたり、決して良い場所とは言いきれないんだろうけど
花売りたちにも温かみがあった。

イブラヒムおじさん(おじいさんって感じだけど・笑)のユーモアが良い。
免許持ってないのに、高級でかっこいい車を買ったり、
ずるして免許とったり☆
「万引きするならこの店でしろ」とか
普通じゃ考えられない行動をするところが
この人の面白いところだと思う。
モモが惹かれるのも分かるなぁ。

監督:フランソワ・デュペイロン
主演:オマー・シャリフ(イブラヒムおじさん)
   ピエール・ブーランジェ(モモ)
私的評価:★★★
公式サイト

イブラヒムおじさんとコーランの花たち@映画生活
スポンサーサイト

Posted on 2005/06/05 Sun. 13:59 [edit]

category: ・2004年の映画

TB: 4    CM: 2

05

コメント

 

はじめまして&トラバどうもです。
パリの裏通りの雰囲気が人間味があって生き生きしているのが良かったです。イブラヒムおじさんみたいな人だったら友達になりたいですよ。

URL | カヌ #- | 2005/06/05 14:50 | edit

 

カヌさんはじめまして^^
コメントありがとうございます。

生活観あふれてる感じがリアルで良いですよね。
でもモモの部屋の壁がすごく綺麗で
そこはやはりフランスだなと思いました。

URL | あんじぃ #- | 2005/06/07 23:55 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://rnnoel.blog4.fc2.com/tb.php/164-fff08fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」

ユダヤ人の少年モモ(ピエール・ブーランジェ)は、幼い頃に母親が出て行き、父親と2人でパリの娼婦街で暮らしている。父親からも十分な愛情を注がれずに育ったモモは、近所の雑貨屋のトルコ人のイブラヒム(オマー・シャリフ)から生きる知恵を教えられ、心を開いていく。

the borderland | 2005/06/05 14:43

宗教や世代を越えて惹かれあう少年と老人

「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」 「宗教」と聞くと、なんだかうさん臭く感じる人が多いですね。特定の宗教を熱心に信じている人が少ない国だからなのかもしれま

人生はお伽話もしくは映画のよう | 2005/06/06 14:06

笑顔になる映画「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」

 田舎もたまにはいいこともあるようで、ふとミニシアターのWebを見ていたら半年ほど前に見逃していた映画がやっていることもよくあります。 3月になってからも「父、帰る」や「やさしい嘘」など、見ようと思って見れなかった映画がざくざくありました。 今回は、この

Rabbit's Aperture! Weblog | 2005/06/12 23:13

「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」~モモの幸せはどこに?

2003年フランス監督/フランソワ・デュペイロン出演/オマー・シャリフ ピエール・ブーランジェ ジルベール・メルキ   イザベル・アジャーニ ローラ・ネマルク イザベル・ルノー1960年代初頭のパリ・ユダヤ人街のブルー通り。母(イザベル・ルノー)に出て行かれ父..

お茶の間オレンジシート | 2006/05/20 15:18

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。