09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

OrdinaryDay*

「映画」と「旅」の記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

きみに読む物語 

きみに読む物語\\\\\

痴呆症のおばあちゃんに、読み聞かせをするおじいちゃん。
その物語は、ある男女のラブストーリーだった。

感動しました!!!泣いた泣いた・゜・(ノД`)・゜・。
いつもエンドロールで席を立つ私が、最後まで動けませんでした。
ノアのアリーを想う気持ちが痛いほど伝わってきて切ない切ない。ノアの自由奔放なところに、厳しい家庭で育ったアリーは惹かれていきます。2人のらぶらぶっぷりにもうメロメロ。
アリーもお上品っぽいのにおてんばで、すごく可愛い!
ライアンとレイチェル2人のファンになってしまいそうです。

若い時の話だけじゃなく、年老いてからの2人がまた素敵だった。
アリーが痴呆症になっていて、何も覚えてないのが切ないんだけど思い出した瞬間がね(><)

この映画、風景がすごく綺麗。白鳥のいる湖とか木々に囲まれた白いロッジとか。最初の夜の遊園地も可愛らしい。あんな白いロッジに住んでみたい!!

監督:ニック・カサヴェテエス
主演:ライアン・ゴズリング/レイチェル・マクアダムス/ジェームズ・ガーナー/ジーナ・ローランズ
私的評価:★★★★★(最高!)


きみに読む物語@映画生活
きみに読む物語 オリジナル・サウンド・トラック
きみに読む物語 オリジナル・サウンド・トラック
スポンサーサイト

Posted on 2005/02/16 Wed. 02:50 [edit]

category: ・2005年の映画

TB: 24    CM: 8

16

コメント

 

人の感想読むたびにウルウルしてます・・・
こう考えたら何度でも楽しめる映画なんだなぁ・・・しみじみ。

URL | kossy #YaTS71PM | 2005/02/16 15:52 | edit

 

人の感想を読んだりや、予告編を見返すと、またジーンとしちゃいますね。
出来ればもう一度観たいところです。

この映画、リピーター割引がありますよね。
そんなに何度も観る人いるのかなぁなんて疑問に思ってました。

今は、何度でも観たくなる映画、と認定しています(笑)

URL | のえる #J2E4.bgw | 2005/02/17 14:09 | edit

 

はじめまして。
「きみよむ」最高!何も情報をインプットしないで、先入観なしで見て欲しい映画です。愛する人と生きていく尊さを考えさせられます。ここ数年の中でダントツに泣ける映画です。

URL | あいりーん #- | 2005/03/05 16:57 | edit

 

はじめまして!
コメントありがとうございます。
最高ですね!!
もう一度観たい!って思える映画でした。

先入観のない方が物語にすんなり入れますよね~^^
泣かせようとねらった(わざとらしい)映画も多々ありますが、これは全然そんなことなくて素直に良い話でした☆

URL | あんじぃ #mQop/nM. | 2005/03/05 21:00 | edit

 

TBありがとうございます!!
はい!
>泣かせようとねらった(わざとらしい)映画も多々ありますが、これは全然そんなことなくて素直に良い話でした☆
=同感です!ここがすごいですよね!
また遊びにきます~♪

URL | あいりーん #- | 2005/03/06 01:16 | edit

 

またまたコメントありがとうございます♪♪
「きみよむ」本当にたくさんの人に観てもらいたいですね!
DVDでたら即効ゲットしそうです。

はい、また遊びに来て下さい^^
私もあいりーんさんのところに遊びにいきまーす。

URL | あんじぃ #J2E4.bgw | 2005/03/06 20:30 | edit

 

TB有難うございました!

映画の感想って観た人それぞれ抱くものが違いますもんね。
またその意見を読んだり交換したりするのも楽しみの一つと言えます。

劇場バイト卒業されたのですね。
お疲れ様でした!
またいつか主婦にでもなられた際には、戻っていらしてくださいね!
この業界、嵌るとなかなか抜け出せないですよ…私みたいに(笑)

リピーター割引きのツワモノ…28回見たというおばあちゃんが居ましたよ!!(⌒▽⌒;) オッドロキー

URL | lavender #- | 2005/03/07 01:23 | edit

 

はい、映画館バイトを卒業しました!
ありがとうございます。

それでも映画が好きなことには変わりないので
時間があればどんどん映画を観たいと思ってますよ~^^
ほんと、抜け出せませんね!

28回Σ(゚-゚*)!!!
すごい…。もう一度観たい!とは思うものの28回はすごすぎます。
日本一かもしれませんね!(むしろ世界1?!)

URL | あんじぃ #J2E4.bgw | 2005/03/07 18:49 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://rnnoel.blog4.fc2.com/tb.php/136-2327f119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

きみに読む物語

 『世界の中心で、愛を叫ぶ』、『今、会いにゆきます』、『ぼくの彼女を紹介します』、『君に読む物語』・・・さてどれが正しい送り仮名でしょうか? 恋人同士で観に行くのはやめたほうがいいのかもしれない。80歳になる主人公と比べたら、彼の愛情の深さにかなうわけがな

ネタバレ映画館 | 2005/02/16 15:49

『きみに読む物語』

■監督 ニック・カサヴェテス■原作 ニコラス・スパークス(「THE NOTEBOOK」)■キャスト ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、サム・シェパード  何ひとつ失なわれたものはない 世界のあらゆるものは失われ

京の昼寝~♪ | 2005/02/17 00:34

きみに読む物語

原題: THE NOTEBOOK監督: ニック・カサヴェテス製作: リン・ハ...

Groovy Groovers | 2005/02/17 16:07

きみに読む物語

「いつかオレも、誰にも負けないくらい命がけで誰かを愛したと胸を張りたい。劇的なドラマは何一つない。そこにあるのは、ただただ純粋に愛した気持ちだけ。文句なしに泣けるラブストーリー。」 今日2本目は2月の本命「きみに読む物語」です。これが今年21本目の鑑賞です。

30歳独身男Kazuakiの映画日記 | 2005/02/17 20:58

きみに読む物語

著者: ニコラス・スパークス, 雨沢 泰タイトル: きみに読む物語★きみに読む物語(2月5日公開)療養生活を送る老婦人(ジーナ・ローランズ)の元に、足繁く通う老人(ジェームズ・ガーナー)が、物語を読み聞かせる。それは、1940年の夏、南部の小さな町で始まる物語。休

ブラックジャックによろしく哀愁 | 2005/02/19 15:52

きみに読む物語

 『きみに読む物語』を観た。 テストに対する現実逃避かもしれないがテスト2日前に鑑賞。(ちなみに今日がテスト初日)原作を読んでいたのでストーリーは大まかに頭の中に入っていた。 本当にど直球の恋愛映画だということを感じさせられる映画だった。古きよ...

僕の中の世界 | 2005/02/23 16:20

きみに読む物語

カップルだらけなんだろうなぁ~と思いながらも「純愛映画」を一人で行ったんだけど意外にほとんど女性同士でした。世の中でブ~ム?の「純愛」でした。物語は簡単で創造はつきやすいです。ですがちょっと違うんですよね~。まず主人公のアリーがさっぱりしてるの。恋人をね

映画を観たよ | 2005/02/23 17:38

「きみに読む物語」

3月1日映画の日、2本目。予定外なんだけど、チネチッタに移動。映画館のはしご、しちゃいました。さすがチネチッタ、7割くらいの入りでした。この作品、結構評判はいいらしいので見とこうかなぁ・・・てな感じ。2004年製作のラブ・ストーリー、123分もの。原題は

ひらりん的映画ブログ | 2005/03/03 02:56

映画感想:『きみに読む物語』

ニック・カサベテス監督がベストセラーを実母ジーナ・ローランズ出演で映画化。療養施設で暮らす初老の女性は記憶を失っていたが、ひとりの男性が彼女を訪れて、ある物語を読んで聞かせる。それは1940年代のアメリカ南部の町で良家の子女と地元の貧しい青年の間に生まれた純

徒然三十路日記♪ | 2005/03/06 19:57

きみに読む物語

★本日の金言豆★昔の観覧車は座席むき出し 今の大観覧車ほど大きくないとはいえ、大きめのブランコみたいな座席にのったまま回転する観覧車は、スリリングな乗り物だったんでしょうね~。私よう乗りませんわあんなの。Σ(T□T) 浅草花やしきのジェットコースターを彷彿と

金言豆のコーナー | 2005/03/08 17:51

「きみに読む物語」

人は生きている間に、本当の意味で何人の人を愛することができるのだろう・・・。よく「人の心は移ろいゆくもの・・・」と言われますが、その言葉と全く逆の「永遠の愛情」「永遠の信頼」という意味を、深く深く、心に刻み込まれる作品です。余計なことは全部捨てて、シンプ

青木英美のニライカナイ | 2005/03/09 21:43

きみに読む物語

この作品をネタバレしない用にレビューを書くのは大変難しいが、既に、シアターやテレビ、サイトのストリーミング等で予告が流れているので、その範囲で書いてみようと思う。この物語にはまず、根底に「障害」というキーワードを見つけることができる。最初は階級という障害

利用価値のない日々の雑学 | 2005/03/09 22:50

「きみに読む物語」 素直に、泣く

2005/3/9 ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典「照れずに愛を」、そうだね。ベタベタの恋愛感動ドラマではないし、猛烈なクライマックスが待っているわけでもない。謎解きや裏もない。若い頃のノアとアリーが、物語を読み進めるデュークと老女であることもすぐにピンときて

映画、音楽、本のコト ---odateh blog--- | 2005/03/09 23:50

きみに読む物語

とても美しい映画でした。映像もお話も。どんな年代の人がみてもホロリときてしまうだろうな~。最近は、死んだ恋人を思う映画が多い中。生きてて永遠の愛がある。って思わせる映画でした。ほんとにそんなものが、あるのかは。。なんともいえませんが。^^;現実味があろうとな

シネマ パラダイス♪ | 2005/03/12 18:07

「きみに読む物語」(劇場)

牧歌的風景、身分違いの恋、親との軋轢、王道を行くラブストーリー、正統派良い話。抑えた演出が胸を打つ。原題:「The Notebook」監督:ニック・カサヴェテス原作:ニコラス・スパークス出演:ライアン・ゴズリング 、レイチェル・マクアダムス 、ジーナ・ローランズ 、ジェ

なつきの日記風(ぽいもの) | 2005/05/19 23:21

きみに読む物語

タイトル: きみに読む物語 著者: ニコラス・スパークス, 雨沢 泰 二人の愛は永遠に。そんな言葉が大嫌いだった。永遠の愛なんてありえない。結婚して何年も経てば男と女の愛はただの家族愛にしかならないと思っていた。でもこの映画は…。痴呆になってしまった妻に何回も

鑑賞文 | 2005/05/21 12:08

きみに読む物語

わたしは、ありふれた男だ。でも、わたしには全身全霊をかたむけて愛する女性がいる。いつでも、それだけで十分だった。10代の夏にアリーと恋に落ちたときから、彼女と離れて暮らしていた辛い日々も、その後の長く幸福な結婚生活の間も、いつでも彼女だけを愛しつづけてき

booksjp | 2005/05/22 10:52

きみに読む物語

こんばんわ、maiです。今日の映画はこれを紹介したいと思います↓ 著者: ニコラス・スパークス, 雨沢 泰 タイトル: きみに読む物語 バン!!今日はこの映画をご紹介しちゃいます。この映画は、もともと小説「the notebook」という小説が超売れて、それが映

ミュージックファクトリーの活動日記 | 2005/08/01 10:58

きみに読む物語

THE NOTEBOOK(2004年アメリカ)2005/7/29@早稲田松竹そんな予感はしてたんですが、案の定不覚にも泣いてしまいました。なんだかんだいって、この手の映画にうっかり泣かされてしまうこと多いです。あらすじはこことかからどうぞ。「こんな都合いいことあるか」とか「それは

befounddead | 2005/08/02 02:31

きみに読む物語

きみに読む物語 スタンダード・エディションライアン・ゴズリング ニコラス・スパークス ニック・カサヴェテス ハピネット・ピクチャーズ 2005-09-23売り上げランキング : 70Amazonで詳しく見る by G-Tools★ストーリー★とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女....

I Love Movie!【ホームシアター映画日記】 | 2005/12/15 11:35

きみに読む物語

きみに読む物語 スタンダード・エディションきみに読む物語 プレミアム・エディションおすすめ度:★★★★ この映画、非常にドラマチックなラブストーリーである。まさに映画ならではの古きよき時代のラブロマンスを彷彿とさせてくれる。純愛なのだけれど、単....

おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評 | 2005/12/30 20:00

君に読む物語/ニック・カサヴェテス

生涯で一度でも純愛と呼べるものを経験できたなら、きっとそれだけで人は生きて行けるのではないか、そんなことを考えた作品でした。誰もが一途に人を愛したいと思っていても、どこかで妥協したり、諦めたりしてしまいます。だからこそこの物語に綴られた純愛に深く感動する

文学な?ブログ | 2006/06/12 00:25

【洋画】きみに読む物語

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+ (演技4演出3/脚本3/撮影3/音響2/音楽3/配役4/魅力3/テンポ2/合計27)『評論』教養も富もある富

ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! | 2006/07/13 11:58

きみに読む物語

2004年 アメリカ製作「きみに読む物語」(★★★☆☆)監督:ニック・カサベテスOPの情緒ある夕焼けの景色が美しいです。これは、ある女性が思い描いていた夢なのです。平凡でどこにでもいる、ごく普通の男だがたったひとつ、誰にも負けな...

新・ぴゅあの部屋 | 2006/07/17 21:35

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。