05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

OrdinaryDay*

「映画」と「旅」の記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

カンフーハッスル 


2005年初の映画館での映画は「カンフーハッスル」になりました。この映画、上映開始日も1月1日だし、最初にはもってこい?!w

ストーリーは皆無。少林サッカーの方がストーリはまだあったかも。でも戦いという面においてはこっちの方が最高!「ありえねーー!!」ってサブタイトル(?)がついてるように、ありえない戦いのオンパレード。走り方もそうだけど、ほんと漫画の世界。でも笑える。

大家のおばちゃんとおじちゃんコンビが好きです。キャラ濃すぎ(笑)そして強い!公式サイト見たら、「達人」たちはみんなそれなりに格闘技の経験があったりスタントマンだった人や、すごい人がそろっているんですね。大家のおばちゃんが15キロ太ったって読んだときはブリジットジョーンズだって思いましたけどwどこぞの人気俳優のやるアクションよりきちんとしていて見ごたえあると思います!

正直に言うとこれに1800円は高いかなって思うけど、1000円くらいなら見てもいいんじゃないかな。内容ないけど(笑)ちょっと楽しみたい時におすすめです。

監督:チャウ・シンチー
主演:チャウ・シンチー/ユン・チウ/ユン・ワー
私的評価:★★★★

カンフーハッスル@映画生活
スポンサーサイト

Posted on 2005/01/06 Thu. 21:54 [edit]

category: ・2005年の映画

TB: 6    CM: 2

06

コメント

 

先日見てきましたーメチャ面白かった(笑)

まだ記事が出来てないのですけど、UPしたらTBしにきますね♪

URL | chishi #79D/WHSg | 2005/01/07 23:31 | edit

 

面白いですよね~><b

chishiさんの記事も楽しみにしてますねっ♪

URL | のえる #79D/WHSg | 2005/01/08 02:09 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://rnnoel.blog4.fc2.com/tb.php/120-fca9382f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カンフーハッスル(KUNG FU HUSTLE 功夫)

●奇想天外エンタテインメントカンフーアクション笑劇作●達人たちが奇想天外な技で闘うカンフーアクション。エンタテイメントの達人技も発揮している。

わかりやすさとストーリー | 1970/01/01 09:00

「カンフーハッスル」★☆☆☆☆

2005年の一発目は元旦公開の「カンフーハッスル」。元日に封切る映画は非常にめずらしいらしい。チャウ・シンチーの「少林サッカー」が面白かったのといつも車で聞いてるラジオのDJがおススメしていたので「ハズレってことはまずないだろう」と劇場へ。混んでると思

卓之介の場合 | 1970/01/01 09:00

カンフーハッスル(功夫)

製作国/公開年:香港/2004 キャスト:周星馳(チャウ・シンチー)、その他大勢

見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか! | 1970/01/01 09:00

「カンフーハッスル」評

今週の一本に、仙道勇人による「カンフーハッスル」評/迎春!問答無用のお祭り映画を追加。 「カンフーハッスル」は、サッカーに少林拳を取り入れるという奇抜なアイディアで世界中を席巻した「少林サッカー」のチャウ・シンチーの最新作。ド迫力のCGは前作より更に磨

I N T R O + UptoDate | 1970/01/01 09:00

映画『カンフーハッスル』貴方は何点?

この映画、10点満点だとすると何点つけますか?この映画は私が昨年のうちからメチャ楽しみにしていた作品のうちの一つです。以前観た少林サッカーのお馬鹿さ加減がまた観られるのかと思うとなんだか無性にウキウキしちゃうんですよね~(笑)ほぼ満席の館内で、

本と映画と音楽と・・・お酒が好き | 1970/01/01 09:00

「カンフー・ハッスル」に涙

東京国際映画祭に登場したチャウ・シンチーは「この映画を尊敬するブルース・リーに捧げます」と言い、会場中の喝采を浴びた。しかし、しかしこの映画は・・・。ブルース・リーの映画とは対極にあり、「そんなワケないだろー!」と何度心の中で叫んだか。ワ

soramove | 1970/01/01 09:00

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。