07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

OrdinaryDay*

「映画」と「旅」の記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

笑いの大学 

笑の大学 スペシャル・エディション
検閲官と喜劇作家のやりとりをメインにしたコメディ。。。なんだけど~・・・約2時間ある映画のほとんど(8割ぐらい?)が取調室でのやりとりで、飽きてしまいました(;´д`)

展開いつから変わるんだろうと思っていたら最後まで検閲室でのやりとりで終わりですか。。まぁやりとり自体はまぁまぁ面白んだけどね。実際笑ってる人もいたし。バイトのスクリーンチェックで予告編何十回も見た後だからだと思います。しかしこれ映画にする必要あるのかなぁ。

ネタバレ↓↓↓
ラストはちょっとうるっときました。まさかまさか戦争に行かなくてはいけないとはっ><検閲官が廊下に飛び出して、「お国のためなんて言わなくていい、とにかく戻って来い、お前の喜劇が読みたいんだ!」っていうところが良かった!あれだけ言い合いしてた厳しい検閲官が、実はすごくその喜劇を気に入っていたなんて。。なんだかせつなくなってしまいました。

役所広司さんとごろちゃんの演技は良かったです。

▼ストーリー
検閲官と喜劇作家。劇をするには国に認められたものでなければならなかった。その検閲官と喜劇作家のドタバタコメディ。

監督:三谷幸喜
主演:役所広司/稲垣吾郎
私的評価:★★

相互TB
笑の大学@映画生活
スポンサーサイト

Posted on 2004/11/11 Thu. 21:57 [edit]

category: ・2004年の映画

TB: 1    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://rnnoel.blog4.fc2.com/tb.php/104-0672815f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

笑いの大学

 『笑いの大学』を観た。 この映画はもともと三谷幸喜さんの舞台を映画にしたものらしい。僕のバイト先の先輩は舞台のほうが面白かったと言っていた。でもそうは言ってもこの映画は面白い。映画はほとんどが検閲室と笑いの大学前の通りの風景だけで、景色的な変化

僕の中の世界 | 1970/01/01 09:00

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。