07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

OrdinaryDay*

「映画」と「旅」の記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

トリコロールに燃えて 


絵画的のような映像と、シャーリーズ・セロン&ペネロペ・クルスの魅惑的な美しさが際立っていた。物語はこれといって激しく起伏があるわけではないけれど、ギルダとガイの関係が細かく描かれていて、恋愛映画として楽しめた。

とにかくフランスの町並みが綺麗だった。それに、それだけじゃなくて映像の撮り方もすごく綺麗。1シーン1シーンが絵のようだった。
主演3人の演技もすごく良くて、特にギルダとミア女性二人のダンスシーンがすごくセクシー。妖艶な感じがしてお互いに大切に思ってることがすごくわかるし、二人がベットでおしゃべりしてるシーンもすごく素敵☆

後半は戦争色が強くなってきて、思うように人生は進まないけれど遠くても思いあっている姿が良かった。ギルダは天真爛漫で自由な感じだけれど、彼女にも彼女なりの苦労があるわけで…><切なくなってしまいましたよ。

ストーリー:偶然に知り合ったガイとギルダ。これは運命?戦争のさなか、2人は自分の信じるように生きようとするが。。。

監督:ジョン・ダイガン
主演:スチュアート・タウンゼント/シャーリーズ・セロン/ペネロペ・クルス
私的評価:★★★★

▼トラックバック
映画生活
スポンサーサイト

Posted on 2004/11/05 Fri. 21:19 [edit]

category: ・2004年の映画

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://rnnoel.blog4.fc2.com/tb.php/101-2d5747c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。