06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

OrdinaryDay*

「映画」と「旅」の記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ヨーロッパ周遊旅行Day23-24 シエナ・ピサ 

11月14日 DAY23 シエナ日帰り

今朝はRさんと、Yちゃん(日本人の女の子。同じ部屋。)と3人で朝食を食べて出発。Rさんはミケランジェロ広場へ、Yちゃんはウフィッツィ美術館、あたしはカメラ屋さんへ。道すがらマーケットを見ながら歩いてると、色々と買いたくなる><フィレンツェは革製品で有名らしく、マーケットには革製品ばかり並んでた。

2人と別れてカメラ屋でデータをCDRに焼いた後、駅へ。Rさんオススメのシエナに行ってみることにした。電車はすぐに来て、1時間半でシエナへ。トスカーナ地方の美しい風景で有名らしいんだけど、電車じゃなくてバスで行けば良かったなぁ。城壁に囲まれていて、まわりの風景はあまり見えなかった。


左:カンポ広場。  右:広場にあるマンジャの塔。


町並み。緑色の雨戸がオシャレ。いかにもイタリア!って感じがして楽しいな(≧▽≦)



シエナのドゥオモ。中も外もしましまー☆


ここは他と違って入場料がいるけど(3ユーロ)観る価値ありだと思う!
すごい大きな昔の楽譜とか、壁の絵とか(写真)、めっちゃ豪華だった。

夕方、フィレンツェに戻って、夕食用にテイクアウトのお店に寄った。そこには、ザルツブルグ(オーストリア)で会ったYちゃんが韓国人の子といた!!!すごい偶然。宿も同じらしく、一緒に食堂で食事。途中から、韓国人と日本人の男の子も加わって、夜遅くまでお喋りした♪

11月15日 Day24 ピサ日帰り

朝食は、Yちゃんと、Yちゃんのバイト仲間って子とか、その部屋の子とか、5人で食べた。どんどん色々な人と会えて面白い。

今日は10時頃の電車でピサへ日帰り。1時間で到着。
地元のバスでピサの斜塔のある広場へ向かった。



キターーー!!☆★☆本当に傾いてる!!!大興奮ーーー!!
手前にあるのはピサのドゥオモ。もちろん一直線に斜塔に向かった。入場は30分の入れ替え制で人数は50人ずつだったかな?色々制限してるみたい。まわりには団体観光客や学生団体がたくさんいたけど、チケット売り場は空いていて、5分後の11時~11時半のチケットをゲットできた。

すぐに登頂(?!)開始!塔の中をぐるぐると上っていく。塔自体が傾いてるから、うまくのぼれなかった。一歩ずつ踏みしめてのぼる。傾いてるのを肌で感じられるのも楽しい♪

階段は、長年たくさんの人が上って来たからか、石が磨り減ってる。歴史を感じるなぁ~



やっと頂上☆見晴らしが良い~。でも、ちょっとへっぴり腰(笑)高所恐怖症じゃないんだけど、傾いてるって怖い。今、倒れたらどうしよう…?ってふと考えてしまう。

時間はあっという間に過ぎて、残り10分くらいの時点で「降りて下さ~い」と声がかかった。降りる時も、一歩ずつ踏みしめて歩く。感覚が何か変。

←見てよ、この傾き具合!ww

斜塔も見たことだし、ドゥオモにも寄る。ここも豪華。あたしは大満足してピサを後にした☆

フィレンツェに戻ったのは2時。ウフィッツィ美術館へ。美術館はロンドンではフリーだし、見慣れてるからそう興味は無いんだけど、ウフィッツィは別。有名だし、行った子の評判も良かったので寄ってみた。レオナルド・ダ・ヴィンチについての細かい展示が良かった。今まで知らなかったけど、細かいところまで考えてた人なんだーってのが分かった。

夕方には宿に戻ってパッキング。明日出発の用意をした。「ほっかいろ」の話になって、アルゼンチンの女の子に一つプレゼントしたら、「これ燃えない?!大丈夫?!」ってすごい念押しされて笑えたw
スポンサーサイト

Posted on 2007/02/17 Sat. 21:04 [edit]

category: ・ヨーロッパ周遊旅行

tag: シエナ  フィレンツェ  ドゥオモ  ピサ  アルキ・ロッシ  ウフィッツィ美術館  レオナルド・ダ・ビンチ 
TB: 0    CM: 2

17

ヨーロッパ周遊旅行Day21-22 ベネツィア・フィレンツェ 

11月12日 DAY21 ベネツィア
一人部屋だし、疲れもたまってたあたしは
午前中は部屋でくつろぐことにした。

少しして、ノックの音。掃除のおばーちゃんだった。あたしは今日も同じ部屋に泊まるし、掃除はいらないよって伝えるつもりが、英語通じない(Pд`q)゚うーむ…
でも、おばーちゃんは陽気にイタリア語を話し、可愛らしくなげキスして去っていった☆
解ってくれたらしい。

と思ったら、30分後にまたやってきた(笑)


やっぱ外出るかーってことで、出発。大運河沿いで、マラソンイベントをやっていた。
子どもから若い人から大人まで、ほほえましいね。

ベネツィアの町はだいたい見尽くしたので、「第10回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展」なるものに行くことにした。ユースで会った日本人の子が、教えてくれたの。建築業界では結構有名なイベントらしい。各国のモダン建築やデザイン、自然との共存とかをテーマにしていた。
国によって、しょぼーいとこもあったけど、なかなか面白かった。ベルギー館はブリュッセルの様子をスクリーンで映してて、ユーモアある笑える映像なんかもあった。


確かこれは、北欧の展示写真だったかなぁ。あやふやw

ジャポーン!笑

日本館の展示には靴を脱いで上がった。
外人さんがその様子を写真にとってたのは笑えた。
竹を編んだ床は足冷たかったなぁw

建築EXPOを出たら3時だった。
またぶらぶらとベネツィアをお散歩♪

夜ご飯には、ピザを巻いたようなやつを食べた。パニーニみたいな感じ?

さ、明日からフィレンツェだっ!!


11月13日 Day22 ベネツィア→フィレンツェ

サン・マルコ広場から駅まで、もう迷わないぞーって意気込んでたのに、結局迷った↓↓ベネツィアは迷路だ><
10時半のESに乗って、1時半にフィレンツェ着。

フィレンツェの宿「アルキ・ロッシ」は、前日にベネツィアから電話したら「今すいてるから予約いらんよー」と予約拒否された(笑)

壁が色々な国の言葉で落書きだらけなのにはびっくりしたけど、部屋はまともだった。てか、アルキ・ロッシは今回の旅であたし的、最高の宿でした♪だって朝食が豪華なんだもん(≧▽≦)


さっそく荷物を置いて、町に出発♪

☆ドゥオモ
でかい!教会とはまた違ったデザインが面白い。イスがなくて、だだっぴろく感じた。
クーポラに上らなかったら、なんで上らないんだー?!と宿の韓国人と日本人の男の子にびっくりされた(笑)「冷静と情熱のあいだ」の主役2人が出会う場所らしい。ごめん、見てないw
韓国では「冷静と情熱のあいだ」はすごい有名らしい。

☆ヴェッキオ橋
ちょっと変わった橋。両側にお店があったけど宝石とか、貧乏バッパーは見てるだけでおなかいっぱいですw

夕方、宿に戻ると、部屋に日本人の女の子が増えていた。やったー♪と思ったら「どこかで会いませんでしたか?」って。いやー会ってないっしょー!どこで会ったのー?ミュンヘン?……、あーーー!!!ってな再開を果たしましたww



Rさんと夜ご飯を食べに、トラットリアへ。レストランに入りづらい一人旅。こうやって宿で出会った人と食べに行くのもまた旅の醍醐味♪

パスタと味をそれぞれ選んで注文。Rさんはポルトガル語が話せるので、イタリア人のウェイターに上手く注文してくれた♪量が多くて、2人で1人前で十分だった。本場で食べるパスタは、とっても美味しくて、おなかいっぱいになりました。

Posted on 2007/02/16 Fri. 20:06 [edit]

category: ・ヨーロッパ周遊旅行

tag: ベネツィア  ピザ  建築EXPO  フィレンツェ  アルキ・ロッシ 
TB: 0    CM: 0

16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。